ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーの基本方針

当社は金融商品取引法等の諸法令ならびに、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、 正確、適時かつ公平に情報の開示を行います。適時開示規則が定める重要事実に該当しない情報であっても、 株主・投資家の皆さまにとって有用であると判断されるものにつきましては、ホームページ等を通して積極的かつ公平な情報開示に努めます。

情報開示の方法

当社では金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、 適時開示情報伝達システム(TD net)を通じて、迅速かつ公平な情報開示に努めてまいります。
TD netに公開した情報は、当IRサイトにおいても速やかに掲載いたします。
また、適時開示規則等に該当しない情報につきましても、投資家の皆さまのご要望に応えるべく、 可能な範囲で積極的に開示する方針です。
なお、IRサイトへの掲載についてはシステム上の問題や掲載準備等の理由により、 情報開示の時期が遅れることがありますことを予めご了承ください。

将来の見通しについて

当社では開示情報等、業績見通しに関する情報を提供する場合があります。
それらの情報は現時点で入手可能な情報に基づく、当社の判断による将来の見通しであり、 経済情勢、市場動向、税制や諸制度の変更等にかかわるリスクや不確実性を含んでいます。
したがって、将来、実際に公表される業績等はこれらのさまざまの要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

沈黙期間について

当社は決算情報等、株価に影響を与える重要な情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、原則として「決算期日の2週間前から決算発表日まで」を沈黙期間と定めて、IR活動を自粛しております。
当該期間中は、決算に関する問い合わせ等への対応を差し控えております。
ただし、当該期間中に業績予想を大きく乖離する可能性があると判断した重要事実が発生した場合は、適時開示規則等に沿って、適宜、情報開示をしてまいります。

TOPに戻る