トップメッセージ

代表取締役社長 中村壮秀

私たちアライドアーキテクツが展開する「ソーシャルメディアマーケティング支援事業」という言葉は、まだ聞きなれない方も多いかもしれません。
しかし、この事業が目指す世界はとてもシンプルなものです。
それは、ソーシャルメディアとテクノロジーの力によって、「豊かな社会」を実現するということです。

昨今、インターネット技術の飛躍的な進歩により、企業と生活者がソーシャルメディアを通じて直接的にコミュニケーションを深め、お互いの価値を高めていく「パートナー」の関係になれる時代となりました。
このような時代においては、企業は生活者と真摯に向き合うことでより良い商品やサービスを生み出し、また生活者はクオリティの高い消費が可能となります。
これが私たちの目指す「豊かな社会」です。

アライドアーキテクツは今年、創業から10年目を迎えます。
この10年間だけを見ても、スマートフォンをはじめとしたモバイルデバイスの普及、FacebookやTwitterといったソーシャルメディアの台頭などによって、生活者を取り巻く環境は大きく変化しました。
しかし、どんなにコミュニケーションの手段やツールが変化しても、企業と生活者が対話を重ねお互いを理解することで、双方に最適な関係性を構築することができるというマーケティングの構図は、不変であると考えております。
そしてこのような環境下で、私たちの手がけるソーシャルメディアマーケティングは、企業活動において必要不可欠なものとなりつつあります。
さらに今後は、ソーシャルメディアマーケティングによって得られる「ビッグデータ」の活用で、企業が生活者をより理解し、関係性を深めることができる時代が訪れることでしょう。

私たちは、このような企業と生活者の恒久的な関係性を追求していくことで「豊かな社会」を実現すべく、今後もデータ活用をはじめとするさまざまなサービスの進化に努め、ソーシャルメディアマーケティング市場を牽引してまいります。

株主の皆様におかれましては、ぜひ私たちの理念に共感いただき、ソーシャルメディアが生み出す「豊かな社会」の実現に協力いただければ幸いです。
引き続き当社に対するご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長
中村壮秀

TOPに戻る