次世代型ブログポータルサイトシステムをリリース | アライドアーキテクツ株式会社

次世代型ブログポータルサイトシステムをリリース

2007年02月05日

“ウェブ2.0のテクノロジーが凝縮された最新のCGM商品の誕生”

<概要>

アライドアーキテクツ株式会社(代表取締役 中村壮秀 東京都渋谷区 以下:アライドアーキテクツ)は、ウェブ2.0技術を駆使した次世代ブログポータルサイトシステムを開発しました。当商品は、アライドアーキテクツ株式会社と株式会社ドリコムが販売いたします。なお、当商品の第1号導入事例として、株式会社ハーバー研究所より「Limiless(リミレス)」http://www.limiless.jp/が既にリリースされております。


<背景>

近年のブログの普及に伴い、消費者発のクチコミメディアは各企業にとって最も関心の高いマーケティングツールと一つとなりつつあり、自社でブログポータルサイトを持つ会社が増えております。他方で、ブログポータルサイトを準備したものの、その活性化に頭を悩ますケースも数多く見られます。

こうした流れを受け、最先端のCGM(消費者参加型メディア)ソリューションの提供してきたアライドアーキテクツが、自社開発のクチコミメディアツール「エディタ・エンタープライズ」< http://www.edita.jp/admin/enterprize_edita.html>とブログサービス業界を牽引するドリコムの「ドリコムブログセットASP」<http://blogset.drecom.co.jp/>を組み合わせた、ウェブ2.0のテクノロジーが凝縮された次世代型ブログポータルサイトを開発するに至りました。


<新商品の内容>

導入企業は、ドリコムの提供する「ブログセットASP」により、自社ブログポータルサイトの立上げが容易となり、更に、アライドアーキテクツ開発のエディタ・エンタープライズにより、サイトのカテゴリー、トピックにマッチするブログ記事をサイト外部のブログから自動収集してサイト内に取り込むことが可能となります。

インフルエンサーと呼ばれるような外部の有力ブロガーの記事をサイト内に取り込むことにより、サイトには、鮮度の高いクチコミ情報が常時反映され、PVの増加が可能となります。

また、ブログ記事を取り込まれる外部のブロガーは、自分の記事がサイトに反映されることによるトラフィックの増大により、高いモティベーションが維持され、その結果として、質の高い記事の執筆→質の高い記事のサイトへの供給、といった好循環が期待されます。



<導入1号事例 「Limiless(リミレス)」http://www.limiless.jp/

株式会社ハーバー研究所(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:小柳昌之、JASDAQ:4925)より、当商品の第1号導入事例の女性向け口コミ情報サイト「Limiless(リミレス)」がリリースされております。

「半歩先を行くアクティブ感と、いつまでもスタイリッシュに、自分らしさを忘れない、女性のための情報サイト」を基本コンセプトとして、働く女性や主婦・女子大生など、もっとも情報に敏感である「女性」をターゲットに、美容・健康、ファッション、グルメ、ライフスタイルなどの情報も提供します。



アライドアーキテクツ株式会社 会社概要

会社名:アライドアーキテクツ株式会社 http://www.aainc.co.jp/ 
設立:2005年8月30日
資本金:1億1,305万円
代表者:代表取締役:中村壮秀
従業員数19名(2007年1月現在)
本社所在地:東京都渋谷区広尾1-5-13


事業内容

(1)個人がクチコミポータルサイトを作成できる「エディタ」の提供。(2)法人向けクチコミメディア生成ツール「エディタ・エンタープライズ」の開発・運営。(3)全国500名のクリエイターのネットワークを活用したウェブデザイン事業。(4)テンプレート機能の充実により使い易さ高めたCMS事業。(5)ブロガーが好みのデザイナーを選べるブログデザイン事業。(6)イベントでつながるSNS、Ugosh(ウゴッシュ)の開発・運営


【お問い合わせ】

・報道機関からのお問合せ 
長井(ながい) nagai@aainc.co.jp コーポレートグループ
TEL03(5469)6222(代表)


・商品に関するお問合せ 
瀧口(たきぐち) takiguchi@aainc.co.jp エディタ事業グループ
TEL03(5469)6222(代表)

関連URL:http://www.aainc.co.jp/

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る