Facebookアプリ「モニプラ」、サッポロビール「百人ビール・ラボ」第2弾の「ビール開発総選挙」キャンペーン実施プラットフォームに採用 | アライドアーキテクツ株式会社

Facebookアプリ「モニプラ」、サッポロビール「百人ビール・ラボ」第2弾の「ビール開発総選挙」キャンペーン実施プラットフォームに採用~8種類の開発候補ビールから「開発して飲んでみたい候補」に投票、上位3候補が決選投票へ~

2013年07月22日

ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀)は、サッポロビール株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:尾賀真城)が主催するユーザー参加型ビール開発プロジェクト「百人ビール・ラボ」第2弾のキャンペーン「ビール開発総選挙」の実施プラットフォームに、Facebookアプリ「モニプラ」が採用されましたのでお知らせいたします。

「ビールタイプ選抜選挙」Facebookキャンペーンページ : http://fbapp.monipla.jp/campaign/detail/11886

Facebookアプリ「モニプラ」は、アライドアーキテクツが2011年より提供するFacebookキャンペーンアプリサービスです。ユーザーが自身のFacebookに「モニプラ」をインストールすることで、企業がFacebookページ上で開催する投票コンテストやフォトコンテスト、サンプリングなどの多彩なキャンペーンに無料で参加することができます。

「百人ビール・ラボ」第2弾のキャンペーン「ビール開発総選挙」は、「みんなでつくるビールの未来!」をテーマに、お客様のアイデアを結集して日本の「次」のビールを開発するプロジェクトです。計7回にわたり開催される投票キャンペーンで、まず「ビールタイプ選抜選挙」が7月19日よりFacebook上で開催されています。キャンペーンに参加するには、ビールに関するアンケートに回答した後、発酵タイプの異なる8種類の開発候補ビールから参加ユーザー自身が「開発して飲んでみたい」と思う候補に投票していただきます。投票で選ばれた上位3候補が、8月に実施される「ビールタイプ決選投票」に進出します。

アライドアーキテクツでは今後も、Facebookキャンペーンプラットフォームをはじめとする様々なマーケティングソリューションを提供し、企業が生活者とともに新しい価値を作り出す「ソーシャルメディアを通じたファンとの共創」を支援してまいります。

キャンペーンイメージ

20130722_releaseimage_01.jpg

キャンペーン詳細

キャンペーン名称 第1回ビールタイプ選抜選挙
キャンペーン概要 8種類の発酵タイプの異なる開発候補ビールの中から上位3種類を選抜
キャンペーン期間 7月19日(金)~7月28日(日)
投票ページ http://fbapp.monipla.jp/campaign/detail/11886(パソコン/スマートフォン共通)
特設Webサイト http://100beer.sapporobeer.jp/

※キャンペーン参加には、Facebookのアカウント登録およびFacebookアプリ「モニプラ」のインストールが必要です。


「百人ビール・ラボ」とは

お客様と一緒にソーシャルで意見を出し合いながら、新しいビール開発を行うサッポロビール主催のプロジェクト。第1弾では、Facebook上での週1回のLIVE会議を通じ、のべ12,000名のビール愛好家と約半年かけて「百人のキセキ」を共同開発しました。世界で初めてのコラボビールとして、3月にインターネットにて限定発売し、大変好評でした。


* FacebookはFacebook Inc.の登録商標です。
* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る