植物写真共有サービス「GreenSnap」、「くらしに花を取り入れる新需要創出事業」の推奨アプリに認定 | アライドアーキテクツ株式会社

植物写真共有サービス「GreenSnap」、「くらしに花を取り入れる新需要創出事業」の推奨アプリに認定

2015年10月19日

PDFファイルで表示

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)が運営する植物写真共有サービス「GreenSnap(グリーンスナップ)」(http://greensnap.jp)は、農林水産省の「平成27年度国産花きイノベーション推進事業」のひとつである「くらしに花を取り入れる新需要創出事業」の推奨アプリに認定されましたのでお知らせいたします。

全国花き振興協議会(※1)が推進する本事業は、日常生活における花きの利用増進につながる新たな花文化を創出するため、花き業界と異業種との連携による全国的なプロモーション活動を実施しています。 GreenSnapでは今後、本事業の推奨アプリとして、Webサイトやスマートフォンアプリを通じ、幅広いユーザーに向けたプロモーション施策のサポートを行ってまいります。

第一弾は「Flower Biz」プロジェクトとコラボした写真コンテスト

本事業では、一週間の始まりである月曜日にオフィスに花や緑を飾ることで、働く人々のストレス軽減を図りイキイキとした職場環境を作り出す「Flower Biz」プロジェクト(http://kurashi-hana.com)を推進しています。
GreenSnapは、本事業と連携した取り組みの第一弾として、「Flower Biz」の促進を目的としたコラボキャンペーン「FlowerBiz プロジェクト!職場を花・緑で飾ろうコンテスト」(http://greensnap.jp/contest/29)を本日より開始いたします。
コンテストで「Flower Biz大賞」と「特別賞」に選ばれた作品は、2016年2月6日・7日に開催される一般社団法人JFTD(※2)主催の日本最大級の花き関連イベント「フラワードリーム2016 in 東京ビッグサイト」(http://www.flowerdream-tokyo.net)の会場で展示する予定です。
今回のコンテストを皮切りに、コラボキャンペーンの実施や、各地で開催されるイベントへの出展、ファッション雑誌とのコラボレーションなど、本事業の促進をサポートする様々な取り組みを行っていく予定です。

GreenSnap_ranking.jpg

GreenSnapでは今後も、植物の写真を介したコミュニケーションの場を提供することで、植物に触れるきっかけを創出するとともに植物への関心を高め、植物文化の普及・継承に貢献してまいります。

GreenSnapとは

GreenSnapは、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になる植物などの写真を撮影してユーザー同士で共有することができるWeb/アプリサービスです。「サボテン」「玄関」など投稿する植物の種類や育てている場所のカテゴリをあらわす「タグ」付け機能や、「いいね!」「コメント」ボタンなど、従来のSNSと同様のユーザーインターフェースを採用し、誰でも手軽かつ直感的に植物を介したコミュニケーションを楽しむことができます。

GS_logo.png

iPhone版アプリ

URL https://itunes.apple.com/jp/app/id934293203
または「App Store」を選択 → 「GreenSnap」で検索
対応OS iOS 8.0以降

Android版アプリ

URL https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aainc.greensnap
または「Google Play」を選択 → 「GreenSnap」で検索
対応OS Android 4.0以降

※1 一般社団法人日本花き生産協会、一般社団法人日本花き卸売市場協会、一般社団法人全国花卸売協会、一般社団法人日本生花商協会、一般社団法人日本インドア・グリーン協会、一般社団法人JFTDから構成される協議会であり、花きの生産、卸売、仲卸、小売および緑化装飾にかかわる全国団体を網羅した業界団体

※2 Japan Florists Telecommunication Delivery Association の略

アライドアーキテクツ株式会社 会社概要

代表者 代表取締役社長 中村 壮秀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL http://www.aainc.co.jp/
設立 2005年8月30日
事業内容 SNSプロモーション総合支援プラットフォーム「モニプラ」の運営、アドテクノロジーサービスの提供 等

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る