植物写真共有SNS「GreenSnap」、Google Playの「ベスト オブ 2016」アプリに選出 | アライドアーキテクツ株式会社

植物写真共有SNS「GreenSnap」、Google Playの「ベスト オブ 2016」アプリに選出

2016年12月01日

PDFファイルで表示

 アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)が運営する植物写真共有SNS「GreenSnap(グリーンスナップ)」(http://greensnap.jp)は、Google社が12月1日に発表したGoogle Playのアプリアワード「ベスト オブ 2016」日本版において、「ベストデザインアプリ部門」に選出されましたのでお知らせいたします。

GreenSnap_GooglePlay-BestDesign.jpg

 「ベスト オブ 2016」は、国内版Google Playストアで提供されるアプリやゲームの中から、「ベストトレンドアプリ部門」「ベストイノベーティブアプリ部門」など計15部門で各5つのアプリを選出するものです。今回受賞した作品の中から12月8日に大賞および「2016年ベストアプリ」、「2016年ベストゲーム」が決定する予定です。
 GreenSnapは今回、優れたアプリデザインを賞する「ベストデザインアプリ部門」に選出されました。

Google Play「ベスト オブ 2016」受賞作品一覧はこちら
https://japan.googleblog.com/2016/12/google-play-2016.html

「GreenSnap」Androidアプリ ダウンロードはこちら
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aainc.greensnap

 「ベスト オブ 2016」では、ニュースアプリやカメラアプリ、動画視聴アプリなど、すでに国内で数百万人に利用されている著名なサービスが多数ノミネートしています。
 そんな中、GreenSnapは、グリーンインテリアやガーデニングの愛好ユーザーという限定されたターゲット層ながらも、「みどりでつながる」というコンセプトのもと"植物を通じたコミュニケーションの創出"を最大の目的に、多くの利用ユーザー様にご協力いただきながら、デザイン開発およびUI/UXの改善を行ってまいりました。
 今回、これらの取り組みが評価され、このような数々の素晴らしいアプリとともに「ベスト オブ 2016」に選出されたことを非常に嬉しく思っております。

 GreenSnapではこのたびの選出を受け、アプリを利用いただいているユーザーの皆様にあらためて深く感謝いたしますとともに、今後も画像解析技術を活用したカメラ機能の向上などサービスのさらなる拡充に努め、アプリを通じた新たな植物文化の創出・発展に尽力してまいります。 


<GreenSnapとは>

GreenSnapは、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になる植物などの写真を撮影してユーザー同士で共有することができるWeb/アプリサービスです。「サボテン」「玄関」など投稿する植物の種類や育てている場所のカテゴリをあらわす「タグ」付け機能、「いいね!」「コメント」ボタンなど、従来のSNSと同様のユーザーインターフェースを採用し、誰でも手軽かつ直感的に植物を介したコミュニケーションを楽しむことができます。
2014年のサービス開始以来、"植物特化型の写真共有SNS"としてユーザー数を拡大し、現在は1日に約2千枚もの植物写真が投稿される大規模コミュニティに成長しています。

WEIQ

<アライドアーキテクツとは>

「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」というミッションのもと、企業がFacebookやTwitter、Instagramなどを効果的にマーケティング活用するための様々なサービス/ソリューションを提供する、国内最大級のSNSマーケティング専業会社です。これまでに4,000社以上と取引実績を持ち、約400万人のSNSユーザーネットワークを擁しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在は中国や東南アジアなど世界に向けてサービスを提供しています。

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>

代表者 代表取締役社長 中村 壮秀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL http://www.aainc.co.jp
設立 2005年8月30日
事業内容 SNSマーケティング支援事業

* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る