Recruit

社員紹介

入社3年目で書籍を出版
若手社員でも
チャンスは無限にある

Profile

青山学院大学卒
2014年新卒入社
営業・戦略プランナー

Qアライドアーキテクツに入社した理由は?

A アライドアーキテクツが最もSNSマーケティングに本気で挑戦できる会社だと思ったからです。
 私がSNSに興味を持ったきっかけは、東日本大震災でした。仙台出身でもあり、石巻に住む祖父母を持つ自分にとって、本当に他人事ではない大きな出来事でした。それ以来、震災を通じて日本社会を見るようになったのですが、震災直後の混沌とした状況や復興の過程で大きな役割を果たしたSNSという存在にとても興味を持ちました。一方で、高校生の頃からマーケティングに興味があり、大学でもマーケティングの勉強をしていました。これらの2つが交錯したのが、SNSマーケティングという分野でした。
 もちろんSNSマーケティングを手掛ける会社はほかにもありましたが、中でもアライドアーキテクツはSNSマーケティングによって世界中の人や企業のつながりを創出するという非常に大きなビジョンを持っていました。「この会社と一緒に、自分も市場を牽引する存在になっていきたい!」と感じたため、入社を決めました。

Q仕事内容をおしえてください。またそのやりがいは?

A 新規の大型案件の獲得を主なミッションとして、マーケティング戦略の提案営業を行っています。特に広告の分野では、営業はお客様との唯一の接点となることが多いため、社内のプランナーや制作チームを指揮してマーケティング施策を成功に導いていく責任ある役割だと思っています。
 また、今年からはデジタルマーケティング戦略を総合的に立案するストラテジックプランニングのチームも兼任しています。このチームではまだ勉強させてもらいながら仕事を進めている段階ではありますが、SNS時代の新たな戦略プランナーになることを目指して、様々な企画に携わっています。
 SNSマーケティングは、過去の誰もまだやったことがなくて、それでいてこれからの時代のスタンダードになるマーケティング施策を実践できる場です。仕事を通じてクライアント企業や会社に貢献できたときはもちろんですが、何よりも、この新たな分野を自分の手で開拓していけること自体に大きなやりがいを感じています。

Qアライドアーキテクツに入って驚いたことは?

A 若手社員に与えられるチャンスが想像以上に大きかったことです。自分自身の最も大きな経験は、入社3年目でのInstagramマーケティングに関する書籍の出版です。
 もともと「SNSマーケティングの分野を牽引する立場になりたい!」という想いから書籍の出版は夢見ていて、その布石として「SMMLab」という自社メディアでInstagramに関する記事を執筆したりしていたのですが、あるとき社内に書籍出版の話が舞い込んだ際に、これらの実績を買われ、「書いてみないか」と声をかけてもらいました。通常の業務を行いながらの執筆作業は本当に大変でしたが、様々な方にサポートいただいたことで、無事に出版までこぎつけることができました。こうやって若手社員の挑戦を全面的に支援してくれる上司や先輩が多いことも、アライドアーキテクツの大きな特長の一つだと思っています。

Q最近、印象に残ったことやプライベートではまっていることは?

A テニスが趣味で、土日だけでなく平日の夜にも会社のテニス部のメンバーとともに定期的に通っています。ただ、都内のテニスコートは値段が高く予約も取りづらいので、最近はいろいろなカフェ行って本を読んだり、海外からやってきた美術展に行ったりと、インドアな過ごし方が増えつつあります。

TOPに戻る