Recruit

社員紹介

目標だった海外案件にも
積極的にチャレンジし
「ワクワクヒリヒリ」を体感

Profile

同志社大学卒
2015年新卒入社
営業

Qアライドアーキテクツに入社した理由は?

A 大学での講義をきっかけにマーケティングに興味を持ち、関連する仕事に就きたいと漠然と思っていたのですが、中でも、テレビや新聞をあまり見ずスマホばかり見ていた自分にはWebマーケティングが最も身近だと感じていました。当初はメーカー企業のマーケティング部門なども視野に入れていましたが、大きな会社であればあるほど、マーケティングのPDCAサイクルを回すのに時間を要するのでは?という思いがあって。トライアンドエラーを繰り返しながらスピーディーに実践していくほうが自分の性質には合っていると感じたので、クライアントのマーケティング支援を手がける会社への入社を目指すようになりました。
 そんな中でアライドアーキテクツは、自分の目標とする海外企業のマーケティング施策をすでに数多く手掛けていたことや、やりたい仕事があれば年齢や社歴に関係なく「自分から手を挙げる」ことを重要とする社風を魅力的に感じられたのが、入社の決め手となりました。

Q仕事内容をおしえてください。またそのやりがいは?

A 主に大手メーカーを中心としたクライアント企業に向けて、SNSを中心としたマーケティング施策やプロモーションのご提案、運用コンサルティングなどを行っています。お客様の課題解決に向けて自分自身が「良い!」と思ったプランが実際に通り、さらに高い成果を生み出すことができたときが、やはりこの仕事で最も嬉しく醍醐味を感じる瞬間です。
 また、アライドアーキテクツにはエンジニアやデザイナー、プランナーなど様々な分野のプロフェッショナルがたくさんいるのですが、そういった社内の英知を結集することで、自分一人では絶対に生み出せないような価値のある企画のご提案や納品が実現できたときも大きなやりがいを感じます。

Qアライドアーキテクツに入って驚いたことは?

A 良い意味でメリハリのある社風です。平均年齢が30歳と若いこともあって、社員同士は非常に仲が良く社内イベントなどでも年齢や部署に関係なくコミュニケーションが交わせるのですが、その一方で、仕事でつらいことや苦しいことがあっても周囲が甘やかすことはなく、立場に関係なく何度も意見を交わすことで励まし合い、鼓舞し合っています。オンとオフの切り替えがとてもハッキリしていることに驚きを感じました。
 また、SNSという国境に縛られないプラットフォームでビジネスを展開していることもあり、想像以上に海外企業とのお取り引きが多いことも驚きでした。入社前から海外の案件に携わりたいと言い続けていたのですが、配属から数カ月でまだ右も左も分からない頃に海外クライアントに向けて英語で企画をご提案する機会を与えてもらい、「よくこんな新人に大きな仕事を託すなぁ」とビックリしたのですが(笑)それと同時に、「自分しだいで、挑戦する機会はいくらでも与えられるんだ」ということを実感しました。アライドアーキテクツでは社員の行動指針(バリュー)として「ワクワクヒリヒリ」という言葉があって、挑戦(ワクワク)と責任(ヒリヒリ)の意識を持ち続けることが重要とされているのですが、まさにこの言葉を日々体感しているなと感じます。

Q最近、印象に残ったことやプライベートではまっていることは?

A 「ハンバーガーを食べながら映画」にハマっています!見たい映画が公開されると、お気に入りのTOHOシネマズ六本木ヒルズに観に行くのが習慣です。上京してからハンバーガーにはまったので、休日は都内の名店を渡り歩きながら映画とともに楽しんでいます。

TOPに戻る