Recruit

社員紹介

消費者と企業の
双方にとって
幸せな関係を作っていきたい

Profile

同志社大学卒
2016年新卒入社
プランナー

Qアライドアーキテクツに入社した理由は?

A 当初からベンチャー企業を志望していたわけではなかったのですが、たまたまベンチャーの合同説明会に参加したところ、「働くこと」や「社会人になること」に対して持っていた様々な固定概念を打ち破られたことに衝撃を受け、入社を目指すようになりました。
 ただ、ベンチャーでは「会社やチームが一丸となって働く達成感」を持てることが大きな魅力であると感じたので、もし入社後に自分が先輩社員たちと同じ想いを持てなかったら、果たしてそんな風に皆と一丸となって働けるのだろうか?と不安を感じることもありました。
 そんな中、アライドアーキテクツの"SNSを使ったマーケティングで消費者と企業を繋ぐ支援をする"という事業内容を知り、「昔と比べてマス広告が消費者に届きづらくなった今、もし自分のSNSのタイムラインに『自分が求める商品』の情報が表示されたら...?」と想像し、それはきっと消費者と企業の双方にとって幸せな関係に繋がるはず!と、その世界観がスッと心に入ってきました。この会社であれば自分も事業や理念に共感しながら達成感を得られるはずと感じ、入社を決めました。

Q仕事内容をおしえてください。またそのやりがいは?

A クリエイティブチームのプランナーとして、クライアント企業に向けてSNSを活用したプロモーション施策を企画・立案し、ご提案しています。キャンペーンやWebムービーの企画など、ご提案の内容は多岐に渡ります。お客様の課題をヒアリングし、施策の目的設定から戦略策定、そして企画内容に落とし込むまで、一本の道筋を考えながらプランニングを行っています。入社前から希望していた部署ではあるものの実際の仕事は想像以上に難しく、まだまだ一人前のプランナーまでは程遠い段階ですが、自分の企画がクライアントから評価いただいて実際の施策に至ったときは何よりも嬉しく、やりがいを感じます。早くプロジェクトの中心となれるよう、自分にできることを一つ一つ着実に増やしていきたいです。

Qアライドアーキテクツに入って驚いたことは?

A みんなオンとオフがはっきりしています!仕事中は「もしかしてちょっと怖い人なのかな...?」と思う人でも、仕事を一歩離れると気さくに話しかけてくれます。業務でのイメージと実際の印象がまったく違う!と感じることが多く、入社当初は驚きました。
 また、仕事中に私の伝えたいことがなかなかまとまらず拙い説明になってしまうことも少なくないのですが、じっくりと時間を取って「ここはこういうこと?」と整理してくれたり、丁寧なアドバイスをくれたりと、新人だからといって手を抜かれるようなことがないのも驚きでした。もちろん、あまり頼りすぎてはいけないのですが(笑)、本当に困ったときには「助けてください!!」とすぐに先輩たちに言うことができる環境だと感じています。

Q最近、印象に残ったことやプライベートではまっていることは?

A 仕事柄、SNSで流行っていることをキャッチして調べることが多いのですが、それを自分で実際に試してみるのが小さな趣味になっています。最近では、フルーツを日本酒に漬ける「日本酒サングリア」がInstagramで流行っているのを知り、どちらもたまたま家にあったのですぐに試してみました。
 SNSでは色々な人の様々なアイデアや面白いことがあふれているので、自分で試せるものは試してみて、それが流行る理由や背景も想像しつつ楽しみたいなと思っています。

TOPに戻る