Allied Architects Engineer Recruitingアライドアーキテクツ エンジニア採用サイト

Entry

One Team,
One Goal

Message

プロダクトビジネスの成長に求められるのは、顧客の痛みを適切に捉え、痛みを取り除く最適な手段を提供し続けることです。それは誰か1人の責任ではなく、チーム全員に必要な姿勢だと考えます。職域や文化は違えど、エンジニアも営業も、日本チームもベトナムチームも、全員が市場や顧客への視点を忘れずに、常に共通のゴールに向かってプロダクトを創り続ける。

そんな想いを One Team, One Goal という言葉に込めました。

アライドアーキテクツのエンジニアチームは、そんな環境を楽しめるメンバーが集まっています。職種の壁を超えて常にビジネスと連携し、最高の顧客体験を創造する。この言葉にワクワクを感じる方には、きっと最高の場所になるはずです。

Chief Product Officer村岡 弥真人

Mission & Culture

「生活者中心の社会」を実現する

私たちは「ソーシャルテクノロジーで世界中の人と企業をつなぐ」をミッションとして掲げ、企業がより生活者の利便に繋がる付加価値の高い商品/サービスを提供することができるようになることを目指し、法人向けマーケティングクラウドサービスを開発、提供しています。

プロダクト中心の組織

プロダクトごとに、マーケターや営業、カスタマーサクセスといったプロダクトを成長させるためのチームが存在し、プロダクトを中心とした組織構造になっています。このため、ビジネスチームとエンジニアチームの間に垣根は存在せず、チームが一丸となってプロダクト開発をしています。

Engineer Credo

One Team, One Goal

Engineer Value

  • プロダクトを作るビジネスマン

    価値の高いプロダクトを提供するためには、エンジニア自身がビジネスの視点を持ち、市場や顧客にとっての痛みを適切に理解している必要があります。私たちはプロダクトビジネスを作る一員として、エンジニアリングをする事だけに閉じず、営業などのフロントマンと同じチームで、同じ視点、同じ目的を持って開発をします。

  • 激しい環境を楽しむ

    私たちがおもに携わるマーケティング業界は、IT技術と同じように日進月歩で変化の激しい業界です。数ヶ月前の常識が通用しないことも多く、プロダクトの提供価値も常に進化させ続けていかなければ淘汰されてしまいます。こうした環境を「おもしろい」と感じることができ、失敗を恐れずに常にチャレンジすることの出来るマインドを大切にします。

  • 成長を偶然に任せない

    1人では決して成し得ない大きな成果を生み出すためには、チームの力が必要です。チームを支えるのは個人であり、個人の成長がチームの成功に繋がると考えています。私たちは人が成長したいと思う姿勢を尊重し、計画的に成長機会をメンバーに供給することで、全員が力を発揮出来る状態を目指します。

Products

生活者を味方につけるマーケティング活動を低負荷で実現するSaaS型プロダクト

Work Style

エンジニアにとって働きやすい環境をつくることに注力しています

Entry