ブツドリソーシャル

CVR1.6倍!直帰率115%改善したライスフォース

スキンケア化粧品シリーズ「ライスフォース」などの通販を手掛けている株式会社アイムでは、ブツドリソーシャルでECサイトのコンテンツとしてSNS経由の画像を利用することで、コンバージョン率(以下CVR)や直帰率の改善に成功しました。

導入ページの直帰率が115%改善。ヒートマップにも明らかな成果

「ライスフォース」の海外向けECサイト(左)と同ページのヒートマップ(右)。ページ下部のUGC掲載部分が赤く色が変わっていて、ユーザーからの注目度が高いことが分かる。
これにより、ユーザーの直帰を防ぐことにつながった。

日本語のランディングページでは、CVRが1.6倍に向上

ランディングページ(LP)では、常套手段とされるユーザーの声下にインスタの投稿を掲載。
実際に使用しているイメージを載せることにより、購買意欲を上げる事に成功した。

通販の古典的な販促手段であるユーザーボイスは、企業が宣伝用に制作しています。
これに対し、ブツドリソーシャルを利用することで、消費者が生活の中で撮影した写真を使うことができ、より高い販促効果を発揮したと考えられます。

詳細は下記で御覧ください。
Instagramの投稿写真でCVRが1.6倍に!ライスフォースのECサイトにおけるUGC活用のポイントとは?【企業担当者に聞くSMM最前線】- SMMLab(ソーシャルメディアマーケティングラボ)
http://smmlab.jp/?p=42597

お問い合わせ

機能紹介:   Instagram運用可視化   ABテスト   写真の一覧表示