Allied Architects Engineer Recruiting

Entry

One Team,
One Goal

Message

プロダクトビジネスの成長に求められるのは、顧客の痛みを適切に捉え、痛みを取り除く最適な手段を提供し続けることです。それは誰か1人の責任ではなく、チーム全員に必要な姿勢だと考えます。職域や文化は違えど、エンジニアも営業も、日本チームもベトナムチームも、全員が市場や顧客への視点を忘れずに、常に共通のゴールに向かってプロダクトを創り続ける。

そんな想いを One Team, One Goal という言葉に込めました。

アライドアーキテクツのエンジニアチームは、そんな環境を楽しめるメンバーが集まっています。職種の壁を超えて常にビジネスと連携し、最高の顧客体験を創造する。この言葉にワクワクを感じる方には、きっと最高の場所になるはずです。

Chief Product Officer村岡 弥真人

Mission & Culture

「生活者中心の社会」を実現する

私たちは「ソーシャルテクノロジーで世界中の人と企業をつなぐ」をミッションとして掲げ、企業がより生活者の利便に繋がる付加価値の高い商品/サービスを提供することができるようになることを目指し、法人向けマーケティングクラウドサービスを開発、提供しています。

プロダクト中心の組織

プロダクトごとに、マーケターや営業、カスタマーサクセスといったプロダクトを成長させるためのチームが存在し、プロダクトを中心とした組織構造になっています。このため、ビジネスチームとエンジニアチームの間に垣根は存在せず、チームが一丸となってプロダクト開発をしています。

エンジニアはプログラム開発をするだけでなく、ビジネスの意思決定にも積極的に関わります。顧客の課題をテクノロジーでどう解決するか、具体的な方法を考えられるのは私たちエンジニアだからです。また、エンジニアが力を発揮するのはプロダクトのソースコードを触る時だけではありません。プロダクトの利益をどう改善するかを話し合う場にも参加し、必要だと判断すれば営業活動を支援するためのツールの開発なども行います。

国籍、職種を越えてチーム全体で失敗や成功を共有しあい、共通のゴールを目指して開発することは、日々働くモチベーションにも繋がります。

Products

生活者を味方につけるマーケティング活動を低負荷で実現するSaaS型プロダクト

Work Style

エンジニアにとって働きやすい環境をつくることに注力しています

Entry