Twitterを活用した番組連動型つぶやきサービス「ニッポンのお茶の間 ピーチク」 第5回JWDA WEBデザインアワード奨励賞を受賞! | アライドアーキテクツ株式会社

Twitterを活用した番組連動型つぶやきサービス「ニッポンのお茶の間 ピーチク」 第5回JWDA WEBデザインアワード奨励賞を受賞!

2010年04月13日

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、以下アライドアーキテクツ)が運営するTwitter連携サービス「ニッポンのお茶の間 ピーチク」()が、この度、日本WEBデザイナーズ協会( http://www.jwda.jp 以下JWDA)主催による「第5回JWDA WEBデザインアワード」において、奨励賞を受賞いたしましたことを、お知らせいたします。

今年で5回目となる同アワードでは、「"成果"を出したWEBサイト」をテーマに、ブランドディング・コンバージョンUP・ビジネスモデル創造等の目的に対する成果を上げたWEBサイトを募集しています。最終的に、158サイトの応募作品の中から、奨励賞を受賞いたしました。

ピーチクについて http://ptic.jp

ある同じ時間に、同じ番組を、離れた場所で何万人もの人たちと共有することができます。彼らとリアルタイムにおしゃべりしながら、番組を視聴することができたら、世の中のテレビもラジオも、もっと面白くなるに違いありません。ピーチクは、誰でも何処に居ても自由に参加できる、お茶の間サービスです。

ピーチクの特徴その1 : 「全番組の盛り上がりを俯瞰で観る!」

全ての番組視聴者によるつぶやき情報を各放送局ごとに観る事ができ、「今どの番組が何 で盛り上がってるのか。」が一目瞭然になります。自分もつぶやきに参加して集まっているメンバーと盛り上がることができ、気の合うユーザーとツイッター上で友達になることもできます。

ピーチクの特徴その2 :  「友人・知人にも情報連動!」

ピーチク上でのつぶやきは、自分のツイッターと連動し、follower(読者)に自動的に届け ることが可能です。今自分が盛り上がっている番組の情報が友達に伝わり、友達もつぶやき に参加してくることで、より楽しく番組視聴することが可能になります。

ピーチクの展望 :  「番組の"視聴質"を測る!」

テレビやラジオの成果は番組視聴率や聴取率で測るのがスタンダードですが、このピー チクのサービスを使って、将来的に「視聴者(またはリスナー)が番組中の何に反応したのか?」という「質」を図るためのバックオフィスツールとしての活用を視野に入れて開発を進めています。

本件に関するお問合せ先

アライドアーキテクツ株式会社 担当:清水
TEL:03-6408-2791 E-mail:shimizu@aainc.co.jp

アライドアーキテクツ株式会社(Allied Architects, Inc) 会社概要

本社所在地 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル4F
設立 2005年8月30日
資本金 1億2524万円
社員数 37名
代表者 中村 壮秀(ナカムラ マサヒデ)
株主 当社役員/住友商事株式会社/株式会社ドリームインキュベータ/
株式会社ジャフコ
事業内容 ソーシャルメディアマーケティング事業「モニプラ」
Webソリューション/ホームページ制作事業「aafactory」

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る