企業ファンサイト構築プラットフォーム「モニプラ」、ソーシャル連携機能を強化 | アライドアーキテクツ株式会社

企業ファンサイト構築プラットフォーム「モニプラ」、ソーシャル連携機能を強化~ブログ記事の情報をTwitter、mixi、Facebookへ自動投稿することが可能に~

2012年02月28日

ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀)は、企業ファンサイト構築プラットフォームサービス「モニプラ」(http://monipla.jp/)のソーシャル連携機能を2011年2月28日より強化いたしました。これにより、ユーザーはブログ記事の情報をTwitterやmixi、Facebookといった各種SNSへ自動投稿することが可能となります。

「モニプラ」とは

企業が、ブロガーを中心とした情報感度の高いソーシャルメディアユーザーを自社の「ファン」として集め、商品モニターやサンプリング、アンケート調査などの「イベント」を通じて直接的な交流を重ねることでエンゲージメントを築くことができる、日本最大級の「企業ファンサイト構築プラットフォーム」です。
月額利用料6万円という安価な料金設定が特長で、2008年2月のサービス開始以来、食品や化粧品メーカー、通販事業者をはじめとした様々なジャンルの企業にご利用いただき、これまでに1,400社を超える企業のソーシャルメディアマーケティングを支援しています。

各種SNSのIDを使った登録や自動投稿が可能に

このたびのソーシャル連携機能の強化によって、Twitter、mixi、FacebookといったSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)において既に使用しているIDを利用して、モニプラに登録できるようになりました。
また、これに伴い、「イベント」参加時やモニター体験後に投稿したブログ記事の情報などを、Twitterならつぶやきに、mixiなら「mixiボイス」に、Facebookならフィードに、それぞれ自動で投稿することが可能となりました。
モニプラを通じて出会った商品やサービスに関するクチコミを、SNSでつながっている友人やフォロワーと手軽に共有し合えることで、ユーザー同士の新たな「つながり」を創出します。 また、ファンサイトの運営企業は、ブログのみならず各種SNSを通じて情報が共有されることにより、商品やサービスに関するクチコミ情報のさらなる拡散が期待できます。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る