Facebookキャンペーンアプリ「モニプラ for Facebook」で台湾のソーシャルメディアマーケティング市場に参入 | アライドアーキテクツ株式会社

Facebookキャンペーンアプリ「モニプラ for Facebook」で台湾のソーシャルメディアマーケティング市場に参入~台湾法人のドーパミン社と独占販売契約を締結、企業のFacebookマーケティングを支援~

2012年11月16日

ソーシャルメディアマーケティング事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀)はこのたび、台湾の企業に向けてFacebookキャンペーンアプリ「モニプラ for Facebook」(以下モニプラFB)のサービスを展開すべく、台湾のインターネット&モバイルマーケティング企業であるドーパミン社(本社:台北、執行長:彭榮智)と独占販売契約を締結いたしました。
11月28日よりモニプラFBの台湾版サービス「MONIPLA 摩樂派」のユーザー向けサイトがプレオープンし、12月12日より「モニプラFB」のアプリ機能を利用した企業のキャンペーンが本格開始する予定です。

2,000社超のソーシャル支援実績

アライドアーキテクツは、2008年にソーシャルメディアマーケティング(SMM)事業を開始以来、これまでに2,000社を超える企業のSMMを支援しており、特にソーシャル上におけるキャンペーン支援の分野では有数の実績を擁しています。
2011年にはFacebookに特化したSMMプラットフォーム「モニプラFB」の提供を開始し、大手企業を中心に1年半で約350社超のFacebookキャンペーン構築・運用を支援。40万人のFacebookユーザーが利用する国内最大級のサービスに成長しています。

参入の背景と展望

日本におけるFacebookの対人口普及率は現在12%とされていますが、台湾では56%と人口の約半数以上に利用されており※Facebookマーケティングは台湾において成長性の高い市場であると考えられます。しかし一方で、台湾国内で提供されるFacebookマーケティングサービスはまだ数少なく、また導入には多額の費用や開発期間が必要とされています。
アライドアーキテクツは、すでに日本国内で幅広い企業の支持を獲得しているモニプラFBの多彩なキャンペーンアプリが、台湾においても安価かつ手軽に導入できるマーケティングソリューションとして多くの企業に支持されるものと考えています。
※ ソーシャルベイカーズ発表の統計数値「Facebook Statistics by Country」(http://www.socialbakers.com/facebook-statistics/)より

このたび独占販売契約を締結したドーパミン社の代表である彭榮智氏は、台湾最大のポータルサイト「YAHOO!奇摩」でWEBマーケティングの経験を積んだ後、2008年にドーパミン社を設立。大手外資系企業などのFacebookマーケティングを手がけた実績を持ちます。アライドアーキテクツは、すでに台湾国内で多数のクライアント企業と強固な関係を築き、SMM支援のノウハウを擁しながらも、ベンチャー企業として活発に進化を続けるドーパミン社と連携することで、モニプラFBの特長であるスピード性や信頼性、機能性を保ちながら、台湾国内においてサービスを展開できるものと判断いたしました。
今後は、アライドアーキテクツがソリューション提供および開発を、ドーパミン社がサービスの販売およびコンサルティングやリサーチといったキャンペーン運用支援を行い、台湾における企業のFacebookマーケティングを支援してまいります。

アライドアーキテクツは今回の参入により、台湾の現地法人のみならず日本企業の台湾市場参入におけるSMM支援を積極的に行っていくとともに、プラットフォーム型マーケティングソリューションの特性を活かしてサービスのさらなる多言語対応を図り、アジア市場におけるシェア獲得を目指してまいります。

モニプラ for Facebook 台湾版イメージ


ドーパミン社とは http://www.dopamine.com.tw/

ドーパミン社(台湾名:多巴?股?有限公司)は2008年に台湾で創業したインターネット&モバイルマーケティング専門企業です。これまでに外資系自動車メーカーや飲料メーカーをはじめとした大手企業から中小企業まで、台湾国内における多くの企業やブランドのWEBマーケティングに携わっています。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る