アライドアーキテクツとドリームインキュベータ、ベトナムでFacebookマーケティング支援事業を開始 | アライドアーキテクツ株式会社

アライドアーキテクツとドリームインキュベータ、ベトナムでFacebookマーケティング支援事業を開始-高品質なプラットフォームソリューションの提供で東南アジア市場のシェア獲得を目指す-

2014年01月08日

ソーシャルメディアマーケティング支援事業を手がけるアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、以下 アライドアーキテクツ)と、株式会社ドリームインキュベータ (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山川隆義、以下 DI)は、ベトナム社会主義共和国(以下 ベトナム)の現地企業および在ベトナム日系企業向けに、Facebookマーケティング支援サービスの提供を開始いたします。
1月8日より、Facebookマーケティングプラットフォーム「モニプラ for Facebook」(以下 モニプラFB)のベトナム版サービスページがオープンする予定です。

近年、東南アジアにおけるスマートフォンの普及およびSNS利用者の増加傾向に伴い、現地企業でもソーシャルメディアマーケティングへの関心が高まっています。特にベトナムは、2012年に国産SNSである「Zing Me」を抜いてFacebookがソーシャルネットワークのトップシェアを獲得し※12013年12月時点での対人口比ユーザー数割合は22%となっており※2、Facebookマーケティングの分野において成長性の高い市場であると考えられます。

※1 WeAreSocial発表の調査資料「Social, Digital and Mobile in Vietnam」(http://wearesocial.net/blog/2012/10/social-digital-mobile-vietnam/)より
※2 セレージャテクノロジー調べ(http://www.cereja.co.jp/press_release20131210.pdf


アライドアーキテクツは、2011年に開始したモニプラFBのサービスを通じて、これまでに国内において500社を超えるFacebookマーケティングの支援実績を有しています。2012年には初の海外展開としてモニプラFBの台湾版サービスを開始し、約50社の現地企業・日系企業に導入されています。
また、DIは、2007年にベトナムにおいてコンサルティング・投資事業を推進する子会社を設立し、これまでに強固な地位と収益基盤を確立しています。
両社は、アライドアーキテクツのシステム開発力やノウハウと、DIの事業基盤や人材力を融合することで、高品質なプラットフォームソリューションの提供を実現できるものと考えています。

本サービスの日系関連企業における導入第一弾として、ミニストップ株式会社とベトナム国内におけるエリアフランチャイズ契約を結ぶG7-MINISTOP サービスアンドトレーディング株式会社 (G7-MINISTOP Service & Trading Joint Stock Company)の運営する「MINISTOP Vietnam」公式Facebookページで1月8日よりベトナム国内キャンペーン企画「ミニストップのFacebookページにいいね!してテト(旧正月)のお年玉をもらおう!」が開始いたします。応募ユーザーには抽選で、ベトナム国内の「ミニストップ」全17店舗で利用できるギフト券が当たります。

アライドアーキテクツとDIは、今後もサービスのさらなる多言語対応および機能拡張と販売強化を図り、東南アジア市場におけるソーシャルメディアマーケティング支援事業のシェア獲得を目指してまいります。

「MINISTOP Vietnam」Facebookキャンペーンイメージ

monipla_vietnam_image.jpg


サービス名

モニプラFBのベトナム版サービス「MONIPLA Tương Tác Hot Brands」(モニプラ トゥン タック ホット ブランズ)には、「企業と相互に影響し合う=ユーザーと企業がコラボレーションし合う場所」という意味が込められています。

MPLogo_vietnam.jpg

* FacebookはFacebook Inc.の登録商標です。
* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。


お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る