メタデータ株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ | アライドアーキテクツ株式会社

メタデータ株式会社との資本・業務提携に関するお知らせ

2014年02月13日

当社は、本日開催の取締役会において、メタデータ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野村直之、以下「メタデータ社」といいます)との間で資本・業務提携(以下「本提携」)を行うことを決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.本提携の理由・目的

本提携は、当社の提供するソーシャルメディアマーケティング支援プラットフォーム「モニプラ」(注1)と、テキスト解析の分野において高い技術開発力を持つメタデータ社のソリューションを連携させることで、近年著しい成長を遂げているビッグデータ市場において、付加価値の高いマーケティング支援サービスの提供を図ることを目的としています。 

近年、スマートフォンの普及やソーシャルメディア利用率の急速な拡大により、インターネット上には大量かつ多種多様なデータが溢れています。これらのデータを収集・解析し、マーケティングに活用する「ビッグデータ市場」が急成長を遂げており、2012年時点で207億円だった市場規模は、2017年には1016億円まで拡大すると推測されています(注2)。
本提携を行うメタデータ社は、定型化されていない単語や文脈の集まりを統計学やパターン認識などによって解析し有用な情報を抽出する「テキストマイニング」の分野において、高い技術開発力と豊富な支援実績を有しています。
本提携によって、「モニプラ」のサービスがメタデータ社の高度な解析技術と連携することで、「モニプラ」のアンケート機能などを通じて蓄積される膨大なデータから、ソーシャルメディアユーザーの「思考・感情」や「ネガティブ・ポジティブ属性」といった複雑な情報を短時間かつ低コストで解析・抽出し、ソーシャル・ビッグデータとして顧客企業のマーケティングに活用していただけるものと考えております。

当社では本提携を、ビッグデータ市場における事業進化を目的としたパートナー戦略の第一弾と位置付け、今後も「モニプラ」のデータベースを活用した顧客企業のソーシャルメディアマーケティング施策を包括的に支援すべく、サービスの拡充に努めてまいります。

(注1)「モニプラ for Facebook」、「モニプラ ファンブログ」等、当社が提供するすべての「モニプラ」関連サービスのこと
(注2)出典: IDC Japanプレスリリース「国内ビッグデータテクノロジー/サービス市場予測を発表」(2013年8月26日)


2.資本提携の内容

当社は、メタデータ社の主要株主である代表取締役社長の野村直之氏が保有するメタデータ社の株式の一部を取得する予定です。

3.本提携先の会社の概要(2014年2月時点)

商号 メタデータ株式会社
所在地 東京都文京区本郷三丁目25番4号        
代表者 野村直之
資本金 43百万円
事業内容 自然言語テキスト解析ソフトウェアの開発および販売
ソーシャル広告最適化ソフトウェアの開発および販売
Web対話ロボット、ソーシャル連携応用システムの開発および販売
設立年月日 2005年12月16日


4.今後の見通し

本提携に伴う当社連結業績への影響は軽微であると見込んでおります。

以上

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る