モニプラGlobal、「タイ国内の2015年トレンドワードランキング」を公開 | アライドアーキテクツ株式会社

モニプラGlobal、「タイ国内の2015年トレンドワードランキング」を公開

プロモーションの鍵は「自然」「健康」?インバウンド集客のヒントとなるキーワードをご紹介

2015年12月09日

PDFファイルで表示

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)はこのたび、株式会社ドリームインキュベータの100%子会社であるDI Marketing Co.,Ltd.(ベトナムホーチミン市、以下DIマーケティング)などと共同で提供するインバウンド集客プロモーション支援サービス「モニプラGlobal」で、タイの消費者を対象に「2015年のトレンドワード」について調査を行い、その結果をまとめましたのでお知らせいたします。

thailand_trendword_ranking.jpg

本調査は、「モニプラGlobal」が擁する現地コンサルタントチームが、ソーシャル上の話題やメディア露出などをもとに50のトレンドワードを独自に選出し、ユーザー投票によって上位15ワードをランキング化したものです。
調査結果に関する解説は、当社が運営するブログメディア「SMMLab」(ソーシャルメディアマーケティングラボ」(http://smmlab.jp/?p=41463)からもご覧になれます。

調査結果を引用・紹介いただく場合は「モニプラGlobal調べ」とクレジットの記載をお願いいたします

「自然」「健康」がインバウンド施策の鍵に

ランキングのトップとなった「Bike for Mom」は、タイ国内で大きな影響力を持つ王室の記念イベントであることに加えて、近年、健康やエコ、ファッションといった観点からタイの消費者において自転車への人気が急速に高まっていることも背景にあるものと考えられます。
また、7位には「スローライフ」、10位には「食の安全」と、「自然」や「健康」といったイメージを想起させるワードがランクインしました。これらのワードはSNSとの相関性が高く、消費活動にも紐づきやすいことから、インバウンド施策において注目のワードであると考えることができます。今後は、日本ならではの自然を体感できる観光ツアーや、オーガニック食材を使った商品など、タイの消費者トレンドに対応したサービス・商品がさらに注目を集めていくと推測できます。

「精神的な豊かさ」を求めるタイの消費者

今回の調査では、芸能やスポーツなどのエンタメに関連したワードが数多く選ばれる一方で、自然や環境、健康といったカテゴリのワードも複数ランクインし、高い関心を持たれていることが分かりました。このことから今、タイ国内における消費者のマインドは、「物質的な豊かさ」が一巡した先にある「精神的な豊かさ、満足度」が重視される段階にあるとモニプラGlobalでは推測しています。
また、SNS上で人気を集めたハッシュタグや人物、出来事など、SNSが話題化を後押ししたと考えられるワードが多数ランクインしており、日本と同様にSNSがトレンドの発信地となっている状況が窺えます。

タイに向けたインバウンド施策では、このような消費者の意識変化やその背景を捉えた上でプロモーション戦略を策定・展開していくことが、今後さらに重要になっていくものと考えられます。

モニプラGlobalについて

「モニプラGlobal」は、タイ、ベトナム、台湾などのアジア各国を対象とするインバウンド集客プロモーション支援サービスです。現地において豊富な実績を持つ専任コンサルタントによる戦略策定のもと、消費動向・意識調査、キャンペーンによる認知拡大、レポート作成などをワンストップで支援します。全施策で日本語に対応しており、従来の国内向けプロモーションと同様の工程・感覚でインバウンド施策を展開することが可能です。
https://www.aainc.co.jp/service/monipla/global/

アライドアーキテクツ株式会社 会社概要

代表者 代表取締役社長 中村 壮秀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL http://www.aainc.co.jp/
設立 2005年8月30日
事業内容 SNSプロモーション総合支援プラットフォーム「モニプラ」の運営、アドテクノロジーサービスの提供 等

※ 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る