中国最大のSNS「Weibo(微博)」のグループ企業と国内初の販売代理契約を締結、在日本企業を対象とした中国向けSNSマーケティング事業に参入 | アライドアーキテクツ株式会社

中国最大のSNS「Weibo(微博)」のグループ企業と国内初の販売代理契約を締結、在日本企業を対象とした中国向けSNSマーケティング事業に参入Weibo上のインフルエンサーを活用した世界唯一の広告配信サービス「WEIQ」の正規販売を開始

2016年04月13日

PDFファイルで表示

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、「Weibo」の公式マーケティングパートナーである北京天下秀科技有限公司(英語表記:IMS、本社:北京市、CEO:李檬、以下「IMS社」)と、日本で初めて正規販売代理契約を締結いたしました。
これに伴い、Weibo上のインフルエンサーを活用した世界唯一の広告配信プラットフォーム「WEIQ(ウェイキュー)」のサービスを、4月13日より在日本企業に向けて提供開始いたします。

Weibo(ウェイボー)とは

Weiboは中国・新浪公司(SINA Corporation、以下「SINA社」)が運営する、月間アクティブユーザー数2億人超を擁する中国語圏最大のSNSです。TwitterとFacebookの機能を併せ持ったようなシステムが特徴で、140文字の中国語に加えて絵文字・画像・動画の投稿ができるほか、ユーザー同士で「いいね!」や「コメント」などを通じて交流することができます。

IMS社について

IMS社はSINA社が出資する中国のSNSマーケティング専門会社で、「KOL(=Key Opinion Leader)」と呼ばれるWeibo上のインフルエンサー(影響力の高い人)を活用したマーケティングサービスの独占販売権を有しています。提供サービス「WEIQ」はこれまでに約300社の世界的ブランドや30,000社超の中小企業に導入されており、2013年には日本の大手ベンチャーキャピタルである株式会社ジャフコが投資を行うなど、その発展性は中国国外でも高く評価されています。

締結の背景

当社はこれまで、国内のみならず台湾・タイ・ベトナムでもSNSマーケティング事業を展開し、300社超の現地企業や在日本企業の支援を手がけています。近年、インバウンド消費の拡大や「越境EC」への関心の高まりから中国向けマーケティングサービスのニーズが拡大する中、独自のインターネット文化や規制といった中国の状況・背景を調査しながら、最適なサービスの提供に向けて検討を重ねてまいりました。

またIMS社は、日本市場でWeiboの活用ニーズが急速に高まりゆく状況を把握していましたが、「WEIQ」の販売・提供には従来の広告サービスだけに留まらないSNSマーケティング独自の実績や知見、人員が必要であると考え、同社と同様にSNSマーケティングを専門に手がける企業とのパートナーシップを希望していました。

今回、このような両社の狙いや戦略が一致したことから、国内初となる販売代理契約の締結に至りました。

広告配信プラットフォーム「WEIQ(ウェイキュー)」とは

「WEIQ」は、Weibo上でIMS社が擁する計60万人超のKOL(インフルエンサー)のアカウントを活用し、フィード(タイムライン)上に企業の広告文やURL、動画などを掲載しマーケティング施策に繋げることができる、IMS社が独自に開発・提供するプラットフォームサービスです。
「WEIQ」では、フォロワー数やインプレッション数、クリック数、シェア数など、Weibo上のビッグデータに基づいてKOLひとりひとりの影響力を独自に数値化しています。商品/サービスのターゲットや予算に合わせて最適なアカウントを選択し配信依頼を行うことで、最短5日間でKOLのフィード上に広告コンテンツを配信することができます。

Weiboのシステムと連携した正規サービス

中国国内にはほかにもWeibo上のKOLを活用したサービスが複数存在しますが、これらはWeiboと直接的なデータ連携を行っておらず、"ゾンビフォロワー"と呼ばれる膨大な非アクティブユーザー(偽アカウント、捨てアカウントなど)もKOLのフォロワーとして数えられていました。
しかし「WEIQ」は、Weiboの正規サービスとして基幹システムを連携しているため、これらの非アクティブユーザーを排除し、安心かつ適正な価格で広告配信を行うことが可能です。

また「WEIQ」では、Weiboに加え、中国・騰訊公司(Tencent社)が提供する無料通話/チャットアプリ「WeChat(微信)」にも対応しています。「中国版LINE」とも呼ばれ一日の利用ユーザー数が約6億人にのぼるWeChat上のインフルエンサーを活用し、情報拡散や自社WeChatアカウントへの流入などを図ることが可能です。

WEIQ_image.jpg

在日本企業向けにサービス提供を開始

当社は「WEIQ」の日本初の正規販売代理会社として、4月13日より在日本企業向けにサービス提供を開始いたします。現地スタッフと連携しながら顧客企業の商品/サービスに最適なKOLアカウントをWeibo/WeChat上から選出し、予算や期間などに合わせて最適な広告配信プランを提案・実行いたします。

配信後は、広告コンテンツのインプレッション数や反応数などを日本語のレポートにまとめてご提出します。サービスのお見積もりから効果測定まで日本人のスタッフがすべて対応するため、導入企業は、日本国内におけるマーケティング施策と同様の感覚・工程で導入いただくことができます。
詳しくはWEIQサービスページ(https://www.aainc.co.jp/service/weiq)よりお問い合わせください。

当社では今後も中国向けサービスのさらなる拡充を図り、インバウンド集客や越境ECなど、在日本企業における中国に向けた事業展開の最適化および高速化を実現してまいります。

中国のSNSマーケティングをテーマにしたセミナーイベントを開催

今回の提携を記念し、IMS社のCEO・李檬氏をゲストに迎えたセミナーイベントを4月26日に開催いたします。中国における最新マーケティング情報の解説に加え、中国向けマーケティングで成果を生み出す企業による事例紹介やパネルディスカッションなどを行う予定です。

セミナー名 China SNS Marketing Day
開催日時 2016年4月26日(火)15:00~18:00(受付開始14:30)
会場 アライドアーキテクツ株式会社 3Fセミナールーム
東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル 3階(地図
参加費 5,000円(税込)
定員 60名(応募者多数の場合は抽選とさせていただきます)
お申し込み 専用ページ(https://www.aainc.co.jp/seminar/china)よりお申し込みください。

※ 当セミナーへの同業他社の方のご参加はお断りさせていただく場合がございます。

アライドアーキテクツ株式会社 会社概要

代表者 代表取締役社長 中村 壮秀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL http://www.aainc.co.jp
設立 2005年8月30日
事業内容 SNSプロモーション総合支援プラットフォーム「モニプラ」の運営、SNS広告関連サービスの提供 等

* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る