「SnapDish」と共同で、料理写真・動画を活用したSNS広告サービスを提供開始 | アライドアーキテクツ株式会社

「SnapDish」と共同で、料理写真・動画を活用したSNS広告サービスを提供開始UGC(ユーザー生成コンテンツ)を通じて商品の利用イメージを訴求、ブランドリフトに影響を与える

2017年04月21日

PDFファイルで表示

 アライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、SNS広告運用に特化した専門チーム「AD Business Unit」(以下「ADU」)と、お料理写真共有サービス「SnapDish(スナップディッシュ)」(https://snapdish.co)を運営するヴァズ株式会社(東京都武蔵野市、代表取締役:舟田善)が共同で提供する新たな広告ソリューションとして、料理写真・動画などのUGC(ユーザー生成コンテンツ)をSNS広告に活用するパッケージサービスを、食品メーカー企業などに向けて4月21日より提供いたします。

AA_SnapDish_image.jpg

共同サービス提供の背景

 「SnapDish」ではこれまで、料理に関心の高いユーザーを対象とした商品モニターキャンペーンを多数手がけており、アプリ上で多くの料理写真を生み出しています。またADUでは近年、SNS上に投稿された写真・動画をUGCとしてSNS広告に活用するサービスを積極的に提供し、広告効率の大幅な向上に繋げています。
 今回、料理に関連した高品質なUGCを生み出す「SnapDish」のサービスと、UGCを活用したSNS広告で豊富な実績を持つADUのノウハウを連携することで、より効果的な広告サービスが提供できると考え、協業に至りました。

料理に関連するUGCの収集・選定・活用をワンストップで支援

 本サービスの利用企業は、まず「SnapDish」で商品モニターキャンペーンを実施し、ユーザーによる料理写真を収集します。この際に、広告利用に関する許諾を投稿者より取得します。
 その後、ADUが、これらの写真の中からSNSのフィードに馴染む最適なUGCを選定。これをもとに広告写真や動画を制作し、FacebookやInstagram、LINEにおいて商品のターゲット層へ配信します。
 ユーザーによって「SnapDish」に投稿された実際の料理写真やレシピのページを広告のランディングページ(LP)として活用できるため、ターゲット層に向けて自然な形で商品情報を訴求することができます。

 両社では本サービスを通じて、広告クリエイティブやLPの制作コストを大幅に削減しながら、料理に関連するUGCの「収集・選定・活用」をワンストップで支援し、食品メーカーの効果的なSNSプロモーションを実現いたします。
 導入価格は最低500万円から(広告実費を含む)で、プロモーション規模によって変動します。

SNS上で商品の消費シーンを繰り返し訴求、購買行動に影響を与える

 「SNSと料理」に関するアンケート調査では、30~40代既婚女性の42%が「SNSで見た料理を作った経験がある」と回答しているほか、SNSで見た食品や調味料について21%が「購入した」、27%が購入経験はないものの「購入したいと思った」と回答し、約半数がSNSを通じて購買行動に何らかの影響を受けていることが分かります(※)。
 本サービスでは、SNSのフィード(タイムライン)を通じて同じユーザーに繰り返し広告で接触することができるため、より戦略的にターゲット層の購買意欲を高め、ブランドリフトに影響を与えることが可能です。

※出典 : 株式会社ドゥ・ハウス調べ https://www.dohouse.co.jp/news/research/20160705/


<「SnapDish」とは>

「SnapDish」は、料理写真の投稿を専門にした無料の写真共有アプリです。写真または写真とレシピをセットで投稿しユーザー間でコミュニケーションを行うことが可能で、写真の投稿数は2011年のサービス開始から現在までに計1,500万投稿以上にのぼります。また、調味料メーカーや飲料メーカーなど多数の企業がアプリ上に公式アカウントを開設しており、生活者に向けたプロモーションにも活発に利用されています。

<AD Business Unit(ADU)とは>

ADU_logo.jpg

SNS広告事業に特化した専門チーム「ADU」は、Facebook、Instagram、Twitter、LINEなどSNS広告運用から商品開発・運用までを一気通貫で行います。「広告クリエイティブのSNS最適化」と「ビジネス成果指標の可視化」というSNSマーケティング専門会社ならではの強みを持ち、戦略立案・運用代行・広告制作・技術開発の各スペシャリストがあらゆる規模・業種の企業に向けて広告効果の最大化を実現します。UGC(ユーザー生成コンテンツ)の広告活用や、海外向けの広告ローカライズ(多言語対応)など独自のソリューションを豊富に取り揃えています。

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>

代表者 代表取締役社長 中村 壮秀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL http://www.aainc.co.jp
設立 2005年8月30日
事業内容 SNSマーケティング支援事業

<アライドアーキテクツとは>

「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」というミッションのもと、企業がFacebookやTwitter、Instagramなどを効果的にマーケティング活用するための様々なサービス/ソリューションを提供する、国内最大級のSNSマーケティング専業会社です。これまでに4,000社以上と取引実績を持ち、約400万人のSNSユーザーネットワークを擁しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在は中国や東南アジアなど世界に向けてサービスを提供しています。

* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る