ReFUEL4、中国の大手広告会社パパイヤモバイルと提携 | アライドアーキテクツ株式会社

ReFUEL4、中国の大手広告会社パパイヤモバイルと提携

2017年11月13日

PDFファイルで表示

 アライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)の海外子会社であるReFUEL4 Pte. Ltd.(リフュールフォー、本社:シンガポール、CEO:瀧口和宏、以下「ReFUEL4社」)は、海外の広告ソリューションに焦点を当てた中国の大手広告会社の1つであるパパイヤモバイル(北京)と、中国企業のFacebook広告出稿支援を強化するために提携いたしました。

20171113_RF4_Papaya_img.jpg


 ReFUEL4社は世界的なゲーム、モバイルアプリ、電子商取引業界で多大な実績を収めてきたことから戦略的成長市場として中国でのサービス展開を検討してきましたが、そのためには中国現地のパートナーとの連携が重要でした。北京に本社を置くパパイヤモバイルは、中国企業の海外での事業展開を成功させる革新的なソリューションを提供することについて長年の実績があるため、本提携により特にメディアバイイングやデータ活用の分野を強化できることを期待して、今回の提携に至りました。

 パパイヤモバイルは、本提携について次のように語っています。
「ReFUEL4社とパートナーシップを組み、お客様の事業拡大を支援することに大変期待しています。Facebookは、中国の多くの企業が海外での事業展開を成功するために重要なプラットフォームですが、企業は共感を得られる広告を配信しようとするものの、皆一度は同じような失敗をしがちです。絶え間なくパフォーマンスを向上させるためには、成果が安定する傾向の把握と、広告を継続的にリフレッシュできるような良質なアイデアが必要です。ReFUEL4社は、AIに基づくパフォーマンス予測と、世界中のデザイナーにより作成されたクリエイティブの基盤を活用して、これらの問題を解決すると考えています。」

 ReFUEL4社は米Facebook社が年間で最も革新的なマーケティングサービスを選出する「Innovator of the Year 2016」を受賞するなど世界的に高い評価を得ています。本提携を機に、世界中の企業を支援してきた知見・ノウハウをもとに中国の広告主企業の事業拡大支援にも取り組んでまいります。

<「ReFUEL4®」とは>

「ReFUEL4®」は、企業がオンラインマーケティング施策に活用するすべての広告クリエイティブを一元管理できるクリエイティブテクノロジー・プラットフォームです。これまでに米IBM社や米PayPal社、中国Cheetah Mobile社など多数の世界的企業がサービスを導入してまいりました。2016年10月には米Facebook社が年間で最も革新的なマーケティングサービスを選出する「Innovator of the Year 2016」を受賞しています。

※「ReFUEL4®」はGoogle、Facebook、Instagram、Snapchatの公式マーケティングパートナーです。

<ReFUEL4 Pte. Ltd. 会社概要>

代表者 CEO 瀧口 和宏
本社所在地 100 Cecil Street, The Globe Collective Works #10-01 Singapore 069532
URL https://refuel4.com
設立 2014年3月13日
事業内容 SNS広告クラウドソーシング「ReFUEL4®」の運営、アドテクノロジーサービスの提供

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>

代表者 代表取締役社長 中村 壮秀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL http://www.aainc.co.jp
設立 2005年8月30日
事業内容 SNSマーケティング支援事業

* Facebook®、Instagram®はFacebook, Inc.の商標または登録商標です。
* Snap®およびSnapchat®はSnap, Inc.の商標または登録商標です。
* ReFUEL4®はReFUEL4 Pte. Ltd.の商標または登録商標です。
* その他、本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る