IR

トップメッセージ

代表取締役社長 中村壮秀

近年、国内・海外問わず世界中の多岐にわたる産業において、大きな構造変化が起きています。
そしてその変化はデジタル化、グローバル化の流れを受けて、いよいよ本格的な地殻変動期を迎えています。
デジタル技術やソーシャルメディアの普及により、人と人、人と企業の距離が物理的にも精神的にも縮まっています。

企業のマーケティングにおいては、ソーシャルメディア上での生活者とのコミュニケーションが不可欠となり、「つながる」「深く伝わる」「心が動く」といった概念がより一層重要になってきています。
そして、日本市場に対しては、「2030年問題」を見据え、新規開拓ばかりに傾注しすぎず、ソーシャルメディアを活用して、既存顧客や自社のファンと直接向き合い、共に歩み、大切に育て、次のファンを生み出し続ける活動によって、地殻変動後に飛躍できる下地を作らなくてはなりません。

また、海外市場に対しては、インバウンドや越境ECを通じて、外需を獲得する企業やブランドが増加する中で、小さな企業であってもソーシャルメディアを活用しファン化した顧客と共にグローバル進出にチャレンジ出来る環境が整いつつあります。
このような背景から、アライドアーキテクツグループは、ソーシャル、テクノロジー、クリエイティブ、ファンベース、グローバルという要素を重視し、多くの企業のお役に立てるサービスやプロダクトの開発・提供・拡充を続け、次の時代に求められるマーケティンググループを目指して進化を続けています。

アライドアーキテクツは2020年8月30日に設立15周年を迎えます。
「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」という創業当時から一貫した理念のもと、企業と生活者が直接的なコミュニケーションを深め、信頼関係を構築し、パートナーとして互いの価値を高めていく未来を実現すべく、グループ一丸となって進化と成長に尽力してまいります。

株主の皆様におかれましては、引き続きご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

代表取締役CEO
中村壮秀