マルチデバイスでの視聴とSNS拡散に最適化した動画マーケティング支援パッケージサービスを提供開始 | アライドアーキテクツ株式会社

マルチデバイスでの視聴とSNS拡散に最適化した動画マーケティング支援パッケージサービスを提供開始-コンテンツの企画・制作進行からキャンペーン連携まで、Web動画の戦略的活用をワンストップで支援-
https://www.aainc.co.jp/service/movie/

2014年02月17日

ソーシャルメディアマーケティング支援を行うアライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、以下「アライドアーキテクツ」)は、企業向けの動画マーケティング支援を包括的に支援するパッケージサービスを2月17日より提供開始いたします。
パソコンやスマートフォンなどのマルチデバイスにおける「視聴」とソーシャルメディアを通じた「拡散」に最適化したWeb動画コンテンツの企画・制作進行をはじめ、SNSと連携した動画視聴キャンペーンの構築・運用、広告出稿、オウンドメディアとの連携、効果測定に至るまで、戦略的な動画マーケティングをワンストップで支援します。

背景

近年、スマートフォンの普及とモバイル通信回線の高速・高品質化によって、生活者におけるWeb動画の視聴時間は増加傾向にあります。また、デバイスの多様化で生活者のメディアへの接触時間が「断片化」しつつある状況の中、動画の持つ「直感的・直接的な訴求力」はスマートフォンやソーシャルメディアとの親和性が高く、顧客接点の強化に有効との考えから、マーケティング活用への関心やニーズが高まっています。
マーケティング分野で先行する米国の動画広告市場は、2013年時点で4,000億円規模とされていますが、2016年には8,000億円と倍増することが予測され、動画マーケティングに対する期待の高さが窺えます※。一方、国内では、コストやノウハウ、人的リソースの面でWeb動画の活用に課題を抱える企業も数多く、関心は高いものの本格的な施策に取り組む企業はまだ一部に限られています。
このような背景を踏まえ、アライドアーキテクツではこれまでに2,500社超のソーシャルメディアマーケティングを支援してきた知見を活かし、多様なデバイスとソーシャルユーザーに最適化したWeb動画の効果的なアプローチを支援することで、企業における戦略的なマーケティング活用を実現してまいります。

※ 出典:eMarketer発表資料「Online Video Advertising Moves Front and Center」(2013年5月)

動画マーケティング支援パッケージサービス 概要

本サービスでは、企業の目的やターゲットに合わせて、YouTubeをはじめInstagramやVineといったマイクロ動画共有サービスも含めた最適な動画コンテンツを企画・立案し制作進行を行います。制作した動画は、マーケティング支援プラットフォーム「モニプラ」と連携して動画視聴キャンペーンを展開し、149万人の「モニプラ」登録ユーザーを起点に生活者へのリーチを図ります。YouTubeにおける広告出稿、各SNSアカウントとの連携、視聴後のアンケート調査による効果測定など、動画マーケティングを包括的に支援いたします。

本サービスの導入第一弾として、株式会社湖池屋のYouTubeアカウント上で、Web動画「頑固あげ相談室」が2月17日より公開されます。2月3日発売の新製品「頑固あげポテト」のプロモーションの一環として制作されたこの動画は、製品にちなんだ頑固一徹の職人が登場し出題された「お題」に対して頑固一徹の職人ならではのユニークな回答をしていく内容で、計17本のシリーズ動画が2月17日より順次公開される予定です。また、湖池屋の公式Facebookページ上で、動画を視聴した方の中から抽選で200名に「頑固あげポテト」の詰め合わせセットが当たるキャンペーンも同日より開始いたします。

Web動画「頑固あげ相談室」イメージ

ganko_image.jpg

「頑固あげ相談室」動画視聴キャンペーン イメージ

ganko_cp.jpg

サービスの特長

(1)動画コンテンツの企画・制作進行
マルチデバイスにおける「視聴」と、SNSでの「拡散」に最適化したWeb動画のプランニングおよび制作進行を行います。YouTubeのみならず、InstagramやVineなどマイクロ動画共有サービスも含め、企業の目的や戦略に合った動画コンテンツを提案します。

(2)SNSキャンペーン連携
149万人のユーザーネットワークを擁するソーシャルメディアマーケティング支援プラットフォーム「モニプラ」と連携し、動画の視聴と拡散を促進するSNSキャンペーンを構築・運用します。

(3)YouTube活用支援
YouTube企業公式チャンネルの開設と運用支援、および最適な広告出稿管理を行います。Googleの広告ネットワークを活用し、予算に応じた出稿やターゲティングなど、マーケティング効果の向上を図ります。

(4)オウンドメディア・ソーシャルメディア連携
オウンドメディア(企業が運営するWebサイト)や各種ソーシャルメディア(Facebook、Twitter等)の公式アカウントと連携し、動画コンテンツの活用を最大化します。

(5)効果測定
視聴ユーザーに向けたアンケート調査などを通じて、視聴者層の可視化や企業サイトへの流入、ブランドイメージへの影響など、様々な面から動画マーケティングの効果測定を行います。

* 「Facebook」、「Facebook」ロゴはFacebook Inc.の商標または登録商標です。
* 「Twitter」、「Twitter」ロゴはTwitter,Inc.の商標または登録商標です。
* 「YouTube」、「YouTube」ロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
* その他、本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る