中国越境マーケテイングイベント「Internet Celebrity Summit 2016」開催報告 | アライドアーキテクツ株式会社

中国越境マーケテイングイベント「Internet Celebrity Summit 2016」開催報告微博CEO・王高飛氏をはじめ日中マーケティング業界のキーマンが「網紅(ワンホン)」の活用をテーマに講演やディスカッションを展開。新会社「Vstar Japan」の設立も発表

2016年10月31日

PDFファイルで表示

アライドアーキテクツ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は10月28日(金)に、中国最大のSNS「微博(Weibo)」の公式マーケティング会社・IMS新媒体商業集団(本社:北京市、CEO:李檬[Li Meng]、以下「IMS」)と共同で、「Internet Celebrity Summit 2016 ~越境マーケティングの鍵を握る『網紅(ワンホン)』のパワーを紐解く~」をウェスティンホテル東京(東京都目黒区)にて開催しましたのでお知らせいたします。

本イベントでは、WeiboのCEO・王高飛(Wang Gaofei)氏による基調講演に加え、グローバル事業を担う微博国際部の総経理・蘇珍妮(So Jennie)氏、Weiboの親会社である新浪公司CIO・謝寧(Xie Ning)氏などがパネラーとして登壇し、近年中国で話題を集めるネットインフルエンサー「網紅(ワンホン)」(=中国語で『Internet Celebrity』の意味)の日本におけるマーケティング活用をテーマにディスカッションを展開しました。
また、イベント後半では、中国で動画配信アプリなどを駆使し数百万人ものフォロワーを集める「網紅」や、日本国内で高い人気を集めるYouTuber(ユーチューバー)など日中の動画インフルエンサーを多数ゲストに迎え、「ゲーム実況」「ライフスタイル」などテーマごとにトークセッションを行ったほか、会場から中国に向けて動画の生配信を行うなど多様なデモンストレーションを繰り広げ、会場を盛り上げました。

イベントの終盤では、当社代表取締役社長の中村とIMS社のCEO・李檬氏より、新会社「Vstar Japan(ブイスタージャパン)」の設立について発表いたしました。「Vstar」は今年6月に中国でIMS社とWeiboが共同で発足した動画インフルエンサーのネットワーク化プロジェクトで、Weibo上で「網紅」を独自に発掘・育成することを目的としています。Vstar Japanは本プロジェクトの日本における事業基盤として、中国の人気インフルエンサーを活用した越境プロモーション支援および日本におけるインフルエンサーの育成・活用という2事業を主軸に、急拡大する中国越境EC市場に向けて効果的な動画マーケティング支援サービスをIMS社と共同で開発・提供していく予定です。

アライドアーキテクツでは本イベントを機に、今後も中国に向けた越境マーケティング支援をさらに加速していくとともに、新会社「Vstar Japan」の事業成長および拡大に尽力してまいります。

Vstar Japan株式会社 会社概要および企業ロゴ

名称 Vstar Japan株式会社
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-19-15 ウノサワ東急ビル4階
代表者 代表取締役 小川 裕子
事業開始予定日 平成28年12月(予定)
事業内容 動画インフルエンサーマーケティング事業
資本金 30百万円

VJ_logo.jpg


<アライドアーキテクツとは>

「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」というミッションのもと、企業がFacebookやTwitter、Instagramなどを効果的にマーケティング活用するための様々なサービス/ソリューションを提供する、国内最大級のSNSマーケティング専業会社です。これまでに4,000社以上と取引実績を持ち、約400万人のSNSユーザーネットワークを擁しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在は中国や東南アジアなど世界に向けてサービスを提供しています。

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>

代表者 代表取締役社長 中村 壮秀
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL http://www.aainc.co.jp
設立 2005年8月30日
事業内容 SNSマーケティング支援事業

お問い合わせはこちら

もっと見る

TOPに戻る