化粧品コスメ業界向けマーケティングイベント「コスメサミット2019」開催のご報告 | アライドアーキテクツ株式会社

News Release

化粧品コスメ業界向けマーケティングイベント「コスメサミット2019」開催のご報告

2019年07月19日

PDFファイルで表示

 ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役会長:中村壮秀、代表取締役社長:豊増貴久、証券コード:6081)は、2019年7月3日、化粧品コスメ業界のリーディングカンパニーの方々をゲストに迎え、「コスメサミット2019」をTRUNK (HOTEL)(東京都渋谷区)にて開催いたしました。

img/news-releases

 本イベントでは、「業界のマーケティングにおける課題を共有し、より良い未来を創出する」をテーマに、「資生堂ジャパン」「富士フイルム」「バルクオム」など化粧品コスメ業界のリーディングカンパニーの方々をゲストスピーカーに迎え、企業における現在のマーケティング課題や、各社の取り組みについて議論いたしました。
 広告をテーマにしたセッションでは「広告が嫌われる」世の中において、各ブランド企業が多様化し続けるメディアや市場トレンドをどのように捉えて広告を設計しているかについて、現状の広告施策と課題を議論し、今後の進むべき方向性を明らかにしました。また、D2Cスタートアップのマーケティングをテーマにしたセッションでは、コスメ業界のホットトレンドである"D2C"ブランドが手がけるマーケティングが、これまでの手法と何が異なるのか、何を重要視しているのか、という点に関して各社の取り組みを交えディスカッションを行いました。

 本イベントでは「#コスメサミット2019」のTwitterハッシュタグを使用し、参加した300名の化粧品・コスメ関連企業のご担当者様にトークセッションの情報や意見をTwitterに自由に発信してもらうことで、ソーシャルメディア上でのコミュニケーションの生成や活発化、情報の拡散に繋がりました。

 アライドアーキテクツでは今回のイベントを機に、より一層、化粧品コスメ業界のマーケティング課題解決に努め、ソーシャルテクノロジーを活用した生活者マーケティングの実現の支援を通して、業界の更なる発展に寄与してまいります。

★イベントに関する本リリースに掲載しきれなかった詳細は下記で公開しています。

Session1 「コスメブランドが直面する広告のリアル」 https://service.aainc.co.jp/product/letro/article/2019/cosmesummit2019-ad.html
Session3 「D2Cスタートアップのマーケティング」https://service.aainc.co.jp/product/letro/article/2019/cosmesummit2019-d2c1.html https://service.aainc.co.jp/product/letro/article/2019/cosmesummit2019-d2c2.html

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>

代表者 代表取締役会長 中村壮秀、代表取締役社長 豊増貴久
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL http://www.aainc.co.jp
設立 2005年8月30日
事業内容 ソーシャルテクノロジーによるマーケティング支援事業

<アライドアーキテクツとは>

アライドアーキテクツは、ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援します。2005年の創業時から一貫して生活者を社会の主役と位置づけ、企業とのつながりを生み出す多様なマーケティング支援サービスを開発・提供しています。累計4,000社以上への支援を経て得られた豊富な実績・知見を活用し、世界中の生活者と企業のつながりを創出しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在はアジアや欧米など世界に向けてサービスを提供しています。

* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら