「echoes」がTwitterの引用リツイートに対応したインスタントウィンキャンペーン機能の提供を開始 | アライドアーキテクツ株式会社

News Release

「echoes」がTwitterの引用リツイートに対応したインスタントウィンキャンペーン機能の提供を開始

2020年11月30日

PDFファイルで表示

 ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役CEO 中村壮秀、証券コード:6081)は、当社の"生活者を味方にする" Twitterプロモーション統合管理ツール「echoes」が、Twitterの引用リツイート(RT)に対応したインスタントウィンキャンペーン機能の提供を開始しましたのでお知らせいたします。

サービス詳細ページ:https://service.aainc.co.jp/product/echoes/

提供開始の背景

 Twitterでは、2020年11月3日に実施されたアメリカ合衆国大統領選挙に関連し、誤解を与える情報の拡散を防止するために、同年10月20日からRTをする際、ユーザーのコメントを添える「引用RT」を促す画面が表示される仕様に変更を加えておりましたが、Twitter社は11月12日、当面はこの仕様を継続することを発表しました。

 昨今Twitter上ではRTを応募条件とする企業キャンペーンが非常に多く実施されておりますが、このRTキャンペーンの中には、引用RTには対応していないために、引用RTを行ったユーザーは応募条件を満たさずに抽選対象外となってしまうケースが多くありました。また、特にその場で当選・落選情報を返信する「インスタントウィン」型のキャンペーンにおいては、本来送信されるはずの当選・落選情報の返信が行われないために、キャンペーン参加者の体験が損なわれる可能性がありました。

新しく提供開始する機能

 当社では、Twitterプロモーション統合管理ツールechoesにおいて、RT・引用RTのどちらにも対応したTwitterキャンペーン機能の提供を開始しました。これにより、echoesを活用したRTキャンペーンおよびRTで参加できるインスタントウィンキャンペーンにおいて、ユーザーはRT・引用RTのいずれでも参加が可能となり、企業はユーザーのキャンペーン体験を損なわずに広く参加を促すことが可能となります。また、引用RTを活用したキャンペーンの場合、キャンペーン参加者のコメント付きで情報が拡散されるため、より話題化につながるキャンペーンを実施することができます。

 弊社では今後、この引用RTの性質を活かしたキャンペーン機能を拡充することで、企業のTwitterプロモーションにおけるさらなる付加価値提供に努めてまいります。

<アライドアーキテクツ株式会社 会社概要>

代表者 代表取締役CEO 中村壮秀
所在地 東京都渋谷区恵比寿一丁目19-15 ウノサワ東急ビル4階
URL https://www.aainc.co.jp
設立 2005年8月30日
事業内容 ソーシャルテクノロジーによるマーケティング支援事業

<アライドアーキテクツとは>

アライドアーキテクツは、ソーシャルテクノロジーによる生活者マーケティングの実現を支援します。2005年の創 業時から一貫して生活者を社会の主役と位置づけ、企業とのつながりを生み出す多様なマーケティング支援 サービスを開発・提供しています。累計4,000社以上への支援を経て得られた豊富な実績・知見を活用し、世界 中の生活者と企業のつながりを創出しています。2012年よりグローバル展開を開始し、現在はアジアや欧米な ど世界に向けてサービスを提供しています。

* 本プレスリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

お問い合わせはこちら