年頭所感 | アライドアーキテクツ株式会社

News Release

年頭所感

2020年01月06日

2017_01

 謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

 アライドアーキテクツ・グループは創業以来、マーケティング業界の進化と共に歩み、今では国内外での大変多くのクライアント様のご支援を通じて社会に貢献できていることは、ひとえに皆様のお陰と心より感謝しております。

 2020年を迎えるにあたり、マーケティング業界はもちろん、国内・海外問わず世界中の多岐に渡る産業において大きな構造変化が起こっています。
 デジタル化、グローバル化の中で、その構造変化はいよいよ本格的な地殻変動期に入り、どのような企業もこの課題、チャンスに真剣に取り組むべき時であると考えます。

 マーケティング業界においては、「深く伝わる」「心が動く」「つながる」といった概念が重要になってきました。デジタル、ソーシャルの普及により人と人、人と企業の距離が縮まりつながりやすくなってきた中で、「体験の深さ」、また「体験の頻度」が重要という考えにシフトしてきています。
 当然、企業は消費者との関係性において、本質的な価値が問われます。機能的な価値だけではなく、情緒的な価値、社会的な価値の醸成と、その価値を消費者に伝えていく努力が継続的に必要です。

 日本市場においては、今後の人口減少、高齢化にも備えなくてはなりません。そのためにも上記のような視点から、新規開拓ばかりに傾注しすぎず、自社製品やサービスに新たな視点やデジタル要素を取り入れることが大切です。既存顧客や自社のファンを大切に育て、共に歩み、ソーシャルメディアを活用してファンから次のファンを生み出し続け、2020年以降の地殻変動後に飛躍できる下地を作らなくてはなりません。

 また、海外に目を向けると、旅行で日本に来たり日本の商品やサービスを消費できる所得に至っている人は爆発的に増加しています。「大手製造業だけが海外市場のメリットを享受する」という大昔とは全く異なり、インバウンドやECにより多くのサービス業やブランドが外需を取り込むことができ、小さな企業でもグローバルでのソーシャルメディアの発達で、顧客と繋がりファン化していける環境が整いつつあります。日本に興味を持つ外国人が増える中、日本産業にとってはまさに今、大きなチャンスが到来しています。

 このような背景から、アライドアーキテクツ・グループは多くの企業のお役に立てるソリューションやサービスの開発・提供・拡充を10年以上続けてきました。ソーシャル、テクノロジー、クリエイティブ、ファンベース、グローバルといった要素を大切にした上で、投資やサービス改良を続け、次の時代に求められるマーケティンググループを目指して進化を続けています。

 アライドアーキテクツの成長の基盤を作り上げたプロダクトビジネスにおいては、「生活者マーケティング」という新たなマーケティングモデルを掲げ、ソーシャルテクノロジーを活用したSaaS型プロダクトが拡大を続けています。既存のサービスに加え、昨年はUGCを活用したクリエイティブプラットフォーム「 Letro」やTwitterキャンペーンツール「echoes」といったプロダクトの成長とともにアライドアーキテクツの主軸となるビジネスモデルを築き上げることができました。
 大きなマーケットとなった中華圏に向けたサービスでは、越境ECやインバウンド支援において大企業から中小企業まで幅広いご支援ができるまでに飛躍を遂げました。インフルエンサーを活用して微博(Weibo/ウェイボー)、抖音(ドウイン)の広告コンテンツを拡散する「WEIQ」、2,000人を超えるまでに成長した日本最大級の在日中国人女性コミュニティー「BoJapan」のメンバーに商品体験の機会を提供し、SNS上のクチコミや生の声を拡散・収集・活用できる「チャイナタッチ」、Weibo / WeChatアカウントの開設から運用代行、KOLを活用したプロモーションまで、様々なサービスが日々進化しています。
 AI×SNS×動画という次世代のクリエイティブでマーケティング課題を解決するAiCON Tokyo、日本人インフルエンサーやタレントの中国進出に向けた育成・キャスティング、マネジメント事業を行うVstarJapanも着実に成長を続けています。
 ファンの共感・愛着・信頼を増やし共に未来の価値を創出するという今後のマーケティングにおける中心的な概念を提唱し課題解決するファンベースカンパニーも立ち上がり、大変注目頂いています。
 シンガポールを中心に米国、英国に展開し、世界中のクライアントを相手にデジタル広告クリエイティブを制作するプラットフォーム「Creadits」も一年間での取扱いを大幅に増やしました。
 これらの企業群、サービス群はまだまだ進化の途中であり、2020年も更なる努力とサービス力の向上を図ってまいります。

 アライドアーキテクツは2020年8月30日に設立15周年を迎えます。「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」という創業当時から一貫した理念のもと、日本企業がより輝けるよう、グループ一丸となってサービスの進化と成長に向けて尽力してまいります。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

アライドアーキテクツ株式会社
代表取締役CEO 中村壮秀


お問い合わせはこちら